女剣士「私は剣の名家、貴方のような貧民上がりには負けない」俺「どうだろうな」シュッ

1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 01:51:14.397ID:2jipxe060 キンキンキンキン!
俺「ついていける!」
女剣士「嘘…!」

俺(この日の士官学校の決闘祭のために半年、彼女の剣の流派を研究した甲斐があった)

女剣士「こんな試合、お父様も失望する…」
女剣士「この私が、貧民の我流剣士なんかに負けるわけには…!」ブワッ

審判(これは殺す気の一撃だ…!)ゾクッ
俺(来る、炎刀流奥義・絶炎華!)
俺「我流奥義、絶炎返し!」カァンッ

女剣士「う、そ….こんな、ことは…」ドサッ

審判「しょっ、勝負あり! 決勝戦、俺選手の勝利です!」
観客「うおおおおおお!」

51以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 03:57:41.804ID:2jipxe060 ―半年後―
騎士B「そろそろ復帰したらどうだ? 元天才騎士よ」

俺「…………」

騎士B「いい加減にしろ! 何もしないお前を庇っているのも、もううんざりなんだよ!」ドンッ

俺「もう……以前のように動かないんだ、俺の腕」
俺「天道貫に、ほとんどやられてる。左手の握力は未だに元の半分以下だよ」プランプラン

25以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 02:14:21.892ID:2ztdqUj/0 わりといいぞ
ちゃんといちゃラブまでもっていってくれな

36以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 02:28:17.224ID:BJNVFO8E0 >>35
キンキンキンキン!
キン「キンキン!」
ンキン「キン…キ!」

42以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 02:50:54.834ID:2jipxe060 女剣士(あの人の性格上……一度猫崩しを見せている以上、ここはそのまま虎牙閃で突っ込んでくるはず…!)

俺「……」シュッ

女剣士(ほら来た! ここまで来て姿勢を変えていないということは、猫崩しに変化する気がないということっ!)ググッ

女剣士(なぜなら、ここまで来てしまったら、私の剣を避けられないから!)
ザシュッ

女剣士「アハ、私の勝ち……このまま追撃で……!」スカッ
女剣士「え……?」

俺「……猫崩し」ザクッ

女剣士(確実に猫崩しを通すために、わざと私の攻撃を受けるまで引き付けてから変化した……?)

58以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 04:00:24.432ID:2jipxe060 司会「こ、こいつはうちのスターだ! 手放すわけには…!」

女勇者「なら、力づくでもらっていくよ。ボクも、その人の力が必要なんだ」

司会「う、うぐ…!」

俺「…止めてくれ」

女勇者「今のキミは、薬物に依存しているだけだ! 少し遠ざけて、聖水で毒抜きを続ければ…!」

俺「アレがないと、俺は駄目なんだ…。罪悪感に押し潰されて、何もできなくなる」ガタガタ
俺「もう、俺は何もしたくないんだ…」
俺「ゴブリンパウダーだけが、俺に全てを忘れさせてくれる…お願いだ、止めてくれ…帰ってくれ…」

14以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 01:55:35.510ID:PiULnhoB0 つづけて

19以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 02:04:13.088ID:2jipxe060 俺(もう、降参しながら逃げて助けが入るのを期待するしか…)
俺(これ以上やられたら、俺の身体はもう一生戦場に立てなくなりかねない)

女剣士『決闘祭で我流の貧民相手に遅れを取って家の名に泥を塗ったと、家を追い出され…家名を失い…!』

俺(…いや、正面からやってやる)
俺(俺は悪いことをしたとは思っていない、だが…)
俺(それが、俺にできる償いだ)

女剣士「あなたの左腕、いただきます」ザシュッ

俺「うぐっ!」
俺(位置がわかっていたのに、対応できない!)
俺(これは、完全に俺を殺すための剣術だ!)

女剣士「次はどうしましょう? 右腕? 左足?」
女剣士「それとも、もう首の神経を削らせてもらいましょうか」ハァハァ

55以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 03:58:42.233ID:2jipxe060 俺「女剣士…? そうか、お前か」

仮面男「は?」

俺「会いたかった…ずっとだ。ごめんな、ごめん…」

仮面男「お前…ヤクやってやがんな」チッ
仮面男「命懸けの試合前にトリップかよ」
仮面男「こんなのが裏闘技場の無敗剣士? 悪い冗談…」

俺「今度こそ殺してやるからな、安心しろ」ギロッ

仮面男「!」ゾオッ

6以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 01:52:23.791ID:2jipxe060 女剣士「それもこれも、全てっ! 貴方が、あのような節操のない、卑劣な手段で私を負かしたせいで!」

俺「ひ、卑劣な手段…?」

女剣士「貴方は、私の炎刀流の奥義を破るためだけの技を半年掛けて編み出して、切磋し続けていた…!」
女剣士「あんな、あんな技…! 実力では私が勝っていた! だというのに!」
女剣士「あまりに陰険…!」

俺「…相手の技に対応した返し技を使うのが、卑怯だと?」
女剣士「ここは戦場じゃない! 学生が他の学ぶべきことを蔑ろにして、あんな技を覚えるなんて…!」

俺「俺は、貴女をそれだけ警戒して…同時に、尊敬していた」
女剣士「!」
俺「貴女の家がそれ程厳しいとは知らなかった、申し訳ないことをしたとも思う」
俺「だが、それ以上世迷言を吐いて失望させないでくれ」

21以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 02:09:43.961ID:3LtZVPnUH >>2
続けて

27以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 02:17:23.448ID:2jipxe060 三年後…王都にて
俺「任務を終えました。騎士長様」

騎士長「うむ、ご苦労だった。思っていたより、ずっと早くに戻ってきてくれるね、キミは」ニイ
騎士長 「さすがは士官学校、決闘祭三年連続優勝の快挙を果たした男だ」
騎士長「私でも、優勝は二年時に一度だけだったよ」

俺「……」

騎士長「…ふうむ、キミは影があるね」
俺「すいません、決闘祭には苦い思い出があって」
騎士長「ほう?」

俺「…三年たった今でも、行方不明のままなんです。決勝戦の相手が」
騎士長「……」
騎士長「…そうか、キミがいつも探しているのはその女か」

35以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 02:26:13.126ID:+s7t9HZt0 キンキンキンキンだけで事足りる
それ以外の余計な駄文はいらない

38以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 02:33:07.909ID:EUG3BL3Z0 再放送か
続き読めると思ったのに

10以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 01:54:44.090ID:Gjwe8dGw0 前も建ってたろこのスレ

48以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 02:57:54.892ID:2jipxe060 女剣士「…………」

俺「…………」ハァハァ
俺(なんで、俺は外した……! 決めただろ、覚悟……!)ギュッ

騎士「騎士長様!」
騎士「奴が殺人鬼か! 大丈夫かっ! 俺!」

俺「うっ…」

女剣士「……臆病者」ボソッ
女剣士「…………」ガンッ

俺「ガハッ!」
俺(蹴飛ばされた……!)ゲホッ

9以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 01:54:15.317ID:UGyQ7u+nH キンキンキンって何?

29以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 02:17:47.367ID:2jipxe060 騎士長「こんな遅くに出歩くな! 早く戻れ!」
街人「す、すいません!」

俺「…出歩く人は減りませんね。本当に、危うい事態なのに」
騎士長「真剣に罰金でも課すべきだろうか」ハァ

ドサッ…

騎士長「…何の音だ?」
俺「俺が確認します」サッ
騎士長「馬鹿者、不用意に逸れるな!」

女剣士「禁魔流・羅刹」ガシュッ
騎士長「がっ!」

女剣士「あら…外れた。心臓を不意打ちで貫く技なのに」
女剣士「でも、その外傷じゃ無駄! 天道貫!」ザスッ
騎士長「あ、あ、あ…」ドサッ

女剣士「フ、フフ、首の神経を削ったわ。これで貴女ももう、動けないお人形さん」

60以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 04:02:13.484ID:2jipxe060 女勇者「魔王の側近の暗黒騎士は、キミの捜している女剣士だよ」

俺「ほ、本当なのか!」

女勇者「…ようやく、人間らしい顔をしたね」ニコッ

女勇者「一度剣を交えたから間違いないよ」
女勇者「…もっとも、悪魔の心臓を移植して魔人化してるけどね」

俺「お、女剣士…」

女勇者「あんな化け物と魔王の連戦じゃ、さすがのボクでも分が悪すぎる」
女勇者「いいかな? 今度こそ、キミがあの娘を止めるんだ」

20以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 02:07:50.327ID:44UNxehQ0 いいと思う続けて

7以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/22(金) 01:52:38.089ID:vR/oAPxYp つまらん

created by melloblo